公害防止管理者

資格が欲しいと思ったら

私達学生が公害防止管理者 試験を受験する時の理由は簡単です。

学生のうちに何か資格を欲しい、国家試験資格を今のうちにと考えた時に大学での無料講座が予定されていると教授から教えてもらった時です。

教授も何でもいいから国家試験に慣れるために受験しなさい。 教授は私達に、勉強の仕方を教える為に、何かに挑戦することの意義を教える為に公害防止管理者  試験を進めたのです。私達が一番身近な公害で簡単に実感出来る内容でした。

大気汚染、水質汚染とこの講座に参加し受講出来たことは生活に関係する内容なので興味があり、 講座には休まず参加しました。1週間に1度の講習会は勉強内容は 自分で考えられるように基礎を中心の講習会でした。

休みの時には集中講習会があり参加は自由でしたが参加した私はより深く興味があり、参考書と問題集を探し、試験に挑みます。 休み前に勉強の基礎を学んだことにより公害防止管理者試験に合格!!するために勉強に時間を使い自分でも納得が出来る時間だったとおもいます。

10月には試験が早稲田大学あり、試験当日は技術者やサラリーマン風の方の中で学生の私は浮いているような気がしました。 仕事の合間に勉強してきている人の中で私は自由に勉強出来る環境の中での違いが雰囲気の中で感じられました。 応用問題も多く謎解きの気分でした。 周りの技術者やサラリーマンはすらす らと、解答を記入しているような音が聞こえてきたように感じたのです。

▲上へ